「福岡水中写真塾」2020年4月スタート! 〜福岡、糸島、世界遺産沖ノ島でダイビング〜 

写真塾

この度、世界遺産沖ノ島や糸島半島近海といった福岡市周辺の海を舞台に、写真塾を開塾する運びとなりました。
この塾は、巷によくある1日限り・その場限りのフォトセミナーではありません。
福岡・北部九州の素晴らしい海を舞台に、継続性・一貫性のある講義と、
フィールドワークを通じて塾生各々のレベル・目的に応じた撮影技術の向上と、
水中撮影の楽しさ・奥深さの発見を目的とする、継続性のある活動です。
求めているのは、今現在の撮影技術や高度な撮影機材ではなく、水中世界や撮影に対しての興味、熱意。
「何を撮るか?ではなく、どう撮るか?」
ライフワークとして取り組める水中世界の観察・撮影の魅力を、ともに追及していきましょう。

塾長:中村 卓哉

〜Profile〜
水中写真家。10歳の時に沖縄のケラマ諸島でダイビングと出会い海中世界の虜となる。
ライフワークの辺野古の海へは17年以上撮影で通い続けている。
海中の世界の命のドラマをテーマにコラムなどの執筆や講演、カメラメーカーのアドバイザーなどもおこなう。
2018年8月から2019年9月、NHK BSプレミアム「ワイルドライフ」の撮影で20日間に渡り世界遺産沖ノ島の海を潜る。

中村卓哉×世界遺産沖ノ島│Web Gallery

パプアニューギニアダイビングアンバサダー 公益社団法人 日本写真家協会会員

<写真集>
『海の辞典』 (雷鳥社)『わすれたくない海のこと 辺野古・大浦湾の山|川|海』 (偕成社)
『パプアニューギニア 海の起源をめぐる旅』 (雷鳥社)
『辺野古―海と森がつなぐ命』 (クレヴィス)


KOUGINAUYOU_202002211635377d8.png


*******************************************
資料請求、お申し込み・お問合せ先は
「福岡水中写真塾事務局 担当:大木」
 ✉ fukuoka.uwp@gmail.com または 092-809-2378
までお願いいたします。

糸島ダイブベース
https://itoshima-divebase.jp