水中でオーロラを見る! 〜薩南、トカラでダイビング!〜

「薩摩硫黄島、鬼界カルデラの水中オーロラ」

薩摩硫黄島の水中オーロラは2012年にDiscover Cruiseが発見したここでしか見ることのできない光景!です。
黒潮の影響が強く透明度の高い秋はこの水中オーロラのベストシーズンです。
来年もこのオーロラを狙ってクルーズを企画しています。
世界でここだけの景色を見に行きましょう。

〜9月13日の「イッテQ オーシャンズ金子in九州」でこの水中オーロラを探しに行く企画が放映されました。〜
itteq.jpg


◼︎薩南&トカラDISCOVERY CRUISE2021

お問い合わせ、ご予約はこちらよりお願いいたします。
https://tokara-dive.jp/2019sche/

「水中オーロラ狙い!鬼界カルデラショートクルーズ」
2泊3日5ダイブ
週末利用で水中オーロラと鬼界カルデラを満喫します。海況良ければビッグポイント湯瀬も!
<参加条件>経験100本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>鬼界カルデラ、湯瀬
5月21日(金夜)ー23日(日)
7月2(金夜)-4日(日)
10月22(金夜)ー24日(日)
11月12(金夜)-14日(日)

「GWのクルーズ!」
お休み不要のGWクルーズ企画。
水中オーロラからトカラの大物まで網羅。
鬼界カルデラ&トカラ列島4泊5日10ダイブクルーズです。
<参加条件>経験200本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>鬼界カルデラ、トカラ列島北部
4月30日(金夜)ー5月4日(水)

「狙うはタイガー!」
春ー初夏のトカラはサメ狙いが面白い!!
4泊5日10ダイブクルーズです。
<参加条件>経験300本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>トカラ列島北部
3月19(金夜)-23日(火)
4月14夜ー18日(日)

「トビウオ産卵期の大物シーズンを狙う!」
トカラのタイガー&鬼界カルデラのニタリ、そして水中オーロラを巡る欲張りクルーズ企画。
5泊6日13ダイブのクルーズです。
<参加条件>経験300本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>鬼界カルデラ、トカラ列島北部
6月8夜ー13日(日)

「梅雨明け安定期狙い!夏の欲張りクルーズ」
目指せ悪石島!!夏のロングトカラ企画です。
5泊6日13ダイブクルーズです。
<参加条件>経験300本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>鬼界カルデラ、トカラ列島
7月20日(火夜)ー25日(日)

「新しい地図!宇治群島クルーズ」
DISCOVERY CRUISEの新たな舞台、宇治群島を狙います。
山の日利用、3泊4日8ダイブのクルーズです。
(水中オーロラではりません)
<参加条件>経験200本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>宇治群島、野間岬周辺
8月10夜ー13日(金)

<3連休の宇治&草垣群島クルーズ>
薩南の二大群島をめぐる船泊クルーズ企画。
3連休利用、3泊4日8ダイブのクルーズです。
(水中オーロラではありません)
<参加条件>経験200本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>鬼界カルデラ、湯瀬、草垣群島
10月8(金夜)-11日(祝)

「秋のロング企画」
大物狙いの秋、天気も安定するベストシーズンです。
5泊6日13ダイブのクルーズです。
<参加条件>経験300本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>鬼界カルデラ、トカラ列島北部
11月2(火夜)ー7日(日)

「エキスパート企画!スーパーロングフルコンボ企画」
夢の1週間クルーズに挑戦!
7泊8日20ダイブクルーズ
<参加条件>経験500本以上、ドリフト経験者
<潜水エリア>鬼界カルデラ、トカラ列島
11月20(土夜)ー27日(土)


〜水中オーロラ発見の経緯〜
昔からあるんだけど存在が当たり前すぎてその凄さに気付かない事、
って結構あると思うんですよね。
硫黄島の水中オーロラもまさにそんな存在だったのかもしれません。

初めて硫黄島を潜ったのは前世紀、1999年のこと。
噴煙上がる山、真っ黒な岩盤と赤茶色に染まる港を見て「なんじゃこりゃ!ジュラ紀か?(ジュラ紀知らないけど(笑))」って思ったのをよく覚えている。
iou_20200124101141972.jpg

しかし、目の前にずっと広がっていたこの不思議な温泉の海に初めて潜ったのは、硫黄島初ダイブから13年も月日が流れた2012年の秋のことだった。
初めて島を訪れてから13年も、、、全く何をしていたのか、と言いたくなる(笑)

当日のブログを振り返って見ると懐かしい面々と「硫黄島温泉ダイブ」と銘打ってハルマ瀬の岸側で潜っているリポートを嬉々として掲載している。

「硫黄島温泉ダイブ」、、、
なんてダサいネーミングなんだ(笑)

この時の映像が残っていた。
0:10-1:00と2:08-3:00くらいまで、ぜひ見て欲しい。
(おヒマなら全部見て欲しい(笑))


凄い映像だ!
なぜこの凄さをもっとアピールしなかったのか?(笑)

そしてこの時撮影されたこの写真。
mura.jpg
撮影 2012年11月 西村真由美様 

2017年に発行したDiscovery Cruise Magazineのポイント紹介でこの写真を水中オーロラとして紹介。
th_haruma.jpg
少しづつリクエストをもらうようになり、水中オーロラという言葉も定着していった。
「温泉ダイブ」のままだとこうはならなかっただろう(笑)

hiroichi.jpg
撮影 2017年7月 中村裕一様
ダイバーが吐く泡によって海水と温泉が混じりそこに光が差す光景はまさに水中オーロラと呼ぶに相応しい景色だ。

さて、ではなぜこのような現象が硫黄島の海で起きるのだろう?
gio.jpg
硫黄島は7300年前に起きた爆発的カルデラ噴火によって形成された外輪山の一部だ。
海の中に巨大なカルデラがあって、その外輪山の山頂が海面から顔を出したのがこの辺りの島や瀬になっている。
世界有数の活発な火山活動が今尚続いていて、カルデラの真ん中あたりには巨大な溶岩ドームがいまだに成長を続けている。

世界中の火山学者が注目するこの世界最大級の水中カルデラと、さらにその中心部に形成された世界最大級の水中溶岩ドームは三島村鬼界カルデラジオパークに認定されている。

島や島の周囲の海底からは温泉がたくさん沸いていて、温泉の成分が海水と反応して色が変わるようだ。
onsen_202001231824443c2.jpg
硫黄島東温泉(海中にも温泉が湧いている)

鉄分が多いと赤く、アルミが多いと乳白色になる。
外洋から来る青い海水と温泉成分が混ざり合うと、なんとも言えない不思議なグラデーションを見せてくれる。

写真家の関戸紀倫さんが2018年8月にクルーズに乗船して頂いた時に、美しい空撮写真を撮ってくれているのでぜひご覧いただきたい。

dr4.jpg
dr3.jpg
空撮 2018年8月 関戸紀倫様

なんとも言えない美しいグラデーション。
水中オーロラはこの海域に現れるんだけども、
温泉水と海水がいい具合に混ざっているところを探すのが割と難しい。

ただ茶色く濁ってるだけ、は水中オーロラとは言えない。
大事なのは青と温泉のグラデーション。

2019シーズン、ついにこの光景だけを狙ってガイドできるようになった。

kuni1.jpg
kuni2.jpg
撮影 2019年11月 國清健次様

今シーズンも12本のクルーズを企画している。
2020シーズンのスケジュール
クルーズ中、鬼界カルデラで潜るタイミングはほぼ毎回あると思う。
ぜひ、世界で唯一、ここでしか見ることのできないこの不思議な現象を紹介させて欲しい。

<水中写真家の皆様×水中オーロラ>
最後になりましたが、Magazineの写真を見た写真家の皆様からこの光景を撮影したい、というリクエストを頂きました。
そして昨年は4名の写真家の方にお越し頂きました。
今後、様々な場面でこの水中オーロラの作品が紹介されるかもしれません。
許可をいただきましたので少しだけ、ご来島順に紹介させていただきます。

まず7月に古見きゅうさんにお越し頂きました。
kyu.jpg
この時の撮影が、この水中オーロラだけを狙って行った最初の撮影ダイブになりました。
撮影を終え、水中で二人でハイタッチした瞬間の達成感は最高でした。
キャノンギャラリーで開催された写真展JAPAN’S SEAで公開されました。

続いて10月のクルーズに越智隆治さんにお越し頂きました。
この時撮影された写真が銀座のLUMIXギャラリーで開催中のTAHI LANU MOANA ~青色の海~で展示されました。

ochi2.jpg
撮影 2019年10月 越智隆治様

そして昨年11月、ゆるカタコンビ、むらいさち さんと中村卓哉さんのお二人とフォトツアーを開催することができました。
th_DSC_3100_2020012409040651a.jpg
撮影 2019年11月 むらいさち 様

th_pNYjmy4O.jpg
撮影 2019年11月 中村卓哉様

時化の影響で探すのに中々時間がかかりましたが、上手いタイミングでホシカイワリの群れが登場してくれました。

ということで、水中オーロラ、今後もより素晴らしい瞬間をご案内できるよう頑張ります。
是非ご一緒しましょう!

NEWS!「冒険の瞬間」がテーマのTシャツ発売!¥4980(税込)

これまでDISCOVERY CRUISEで撮影された数多くの写真からこれぞ冒険!という瞬間を選びました。

dct_20200822121723a58.jpg

dct01│玄界灘サーディンラン│越智隆治
dct02│薩南鬼界カルデラ│鍵井靖章
dct03│イルカとダイバー│Yukako Yokota
dct04│タイガーシャーク│中村裕一

Amazonで購入可能です。
是非ご覧下さい。
https://www.amazon.co.jp/dp/B08F7QCYQ8/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_CFQlFbEWDX7ES

amazondct.jpg

**************************
薩南&トカラDiscovery Cruise ガイド 木村尚之
https://tokara-dive.jp

th_名称未設定 2

関連記事