FC2ブログ

アマゾン川 〜福岡糸島ボートダイビング〜

久々に糸島に戻ってまいりました!
きむ兄です。

しかしまあ、よく降りましたね。
毎日毎日、土砂降りの雨が続きました。
幸い糸島ダイブベースは雨漏りと停電でパソコンのデータが全部ぶっ飛ぶ、、、
くらいの被害で(涙)済みました。

あ、データは本日無事に復旧致しました。
え〜、もうそれなりの出費ではございましたが!
まあ大きな被害もなく、無事に過ごしております。

土曜日、沖ノ島からの帰り道。
博多湾内から下げ潮の激流に乗って、まるでコーヒー牛乳のような濁流が糸島に押し寄せてる様子を見て
「こりゃ日曜日も無理だな」
そう思いました。

それでも、
糸島の海に通ってくれる「糸島LOVE」「濁りも糸島の魅力さ!」そう言ってくれるメンバーと、
「せっかく山口からやってきたんでどっち潜りたいです。」というタフな大学生たちと、
「これ以上悪い日はないってのを最初に経験できるっていいですね。」っていう超前向きな海洋実習初日の講習生を乗せて、アマゾン糸島へ繰り出しましたよ。


そしたら、、、意外と、、、透明度回復してました\(^ω^)/


しかも、ですよ。
久々に潜る糸島の海はもう、魚影がものすごくて!!!

え?何?ここどこ?玄界灘?ってくらいものすごい魚影でした。



が、
「いやもう、マジで濁ってますよ。一本潜ったらもう行かないっていうと思うな。絶対マクロで来るべきですよ。」
という僕らの空気感を感じて、ワイド派0名(笑)

目の前を覆い尽くす魚の群れを尻目にみっちりマクロダイブでしたとさ(笑)


今日のこれ一押し!は
th_P9010103.jpg
突然単管パイプに住み着いたクロイシモチ。
黄色くても、クロイシモチ。

口の中、よく見て!
th_P9010107.jpg
卵ですよ〜!!!

これは、通いたい!ですね。

そして突然のムカデフィーバー。
百足ではなくて、ムカデミノウミウシ。
1匹見つけて「結構レアです」なんて紹介してたら、あたり一面ムカデミノだらけよ。
th_P9010167.jpg
th_P9010171.jpg
th_P9010173.jpg
th_P9010178.jpg

50匹くらい居たんじゃないかな?
そんなことってあるのね。

th_P9010004.jpg
th_P9010044.jpg
th_P9010086.jpg
th_P9010161.jpg

いやはや、糸島奥が深いな。
写真は西村様、藤川様にいただきました。
有難うございます!!

水温26度
透明度3〜5m

*****************************
糸島ダイブベース
https://itoshima-divebase.jp

top_image_20190828150526042.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント