口之島のマンタ考察

ども。
キムチです。

先日PADIのNEWSでもUPされましたが、今までひとくくりだったマンタが2種類に分類されました。

マンタは実は2種類いる!

外洋生息型で大型のオニイトマキエイと沿岸域に生息するナンヨウマンタです。
外洋性のオニイトマキエイは日本海や太平洋沿岸域でもまれに目撃されるらしいですが、
僕らが普段マンタマンタと呼んでいるのはナンヨウマンタが多いらしいです。

このナンヨウマンタ、サンゴ礁沿岸域で定住することが多いらしく、クリーニングステーションはマンタポイントとしてダイビングポイントになることも多いようです。(代表的なのが石垣マンタスクランブルでしょうか?)

さて、口之島で僕らが出会ったマンタ。


_MG_1443.jpg

口周りの白さ、背中の模様、お腹の模様から考察するにどうやらナンヨウマンタの可能性が高いですよね。

と、いうことは、ですよ。

この島の周辺に定住している可能性が高いのではないでしょうか???

出会いがしらの可能性が高いオニイトマキエイではなく定住型のナンヨウマンタであればひょっとしたら口之島は日本(いや世界??)最北のマンタ定住エリアかもしれません。

(船長に継続観察してもらってますが、先日も12枚でたらしいです!!)

ブルーアースの高木さんやナイスダイブのさとし君が遭遇したエリアや僕らが三本目に見たエリアは浅いサンゴの根が点在するポイントで、マンタのクリーナー、ベラの仲間やチョウチョウウオの仲間がたくさんいる場所です。

もし定期的にマンタがクリーニングに訪れる場所だとしたら、、、、


世界最北のマンタクリーニングポイント!!!
かもしれんっちゅうことです。

なんか夢が広がる話し、でしょ~\(^o^)/

ということで6月トカラ、中之島を予定していますが、可能なら口之島にも立ち寄ってマンタポイントのその後、を見に行けたらと思ってます。

日程は6月14(金夕方)‐19日(水)。
お休みたくさん必要ですけど、行ってみる価値あると思うよ~♪

残2席です。


「2013年 ロングツアーご予約受付中!」
2013ロングツアー計画

表紙 のコピー
   
ダイビングのない人生なんて…
息抜きのない人生なんて…
仲間のいない人生なんて…
帰る場所のない人生なんて…
                               
SUNSの理念は創業以来ずっと変わらず
「仲間が集まる、夢や希望が生まれる、
             そんな場所であり続ける事 」
                                
それは見えない誰かのためではなく
いつも身近なあなたの為に。
                               
一期一会の思い出を、たくさん!あなたと。

WEB
Diver's Guide SUNS

動画サイト
潜達人ちゃんねる

***********************************

2013.05.09 | Comments(0) | Trackback(0) | チーム潜達人

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Diving Club SUNS
福岡市南区清水1-16-8
第二明永ビル1F
TEL/FAX 092-552-3080
http://www.sun-project.info/

Author:suns
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

ブログ内検索