FC2ブログ

これが福岡、玄界灘の海中風景だ〜(先週のログ)

8日間で7日玄界灘!
素晴らしい日々でした\(^o^)/

Dive LOG

8.26
Dive1 インペリアル
Dive2 ジャンダルム
Dive3 トライアングル

th_40114783_2251352861764748_8438715764239761408_nのコピー
th_P8260130_201809032211349ce.jpg
th_P8260327_2018090322113680c.jpg
th_P8260373_20180903221138ec5.jpg

8.27-30 中村征夫さん、卓哉さん撮影チャーター
th_P8290060.jpg

8.31 小呂島
Dive1 BOUZ ROCK
Dive2 BOUZ ROCK
Dive3 WIDE ROCK

th_40413603_2293703660670854_5317493988637278208_n.jpg
th_P8310132.jpg
th_P8310199.jpg
th_P8310210 2

9.2 小呂島&沖ノ島
Dive1 サウスメイズ
Dive2 屏風
Dive3 インペリアル

th_40521493_1801589749920202_6257238592553222144_n.jpg
th_P9020212.jpg
th_P9020178 2
th_P9020421.jpg
th_P9020464.jpg

2018.09.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

待てば海路の日和あり

台風連チャンでなかなか海に出れませんでしたが、やっと沖ノ島日和!
th_40114783_2251352861764748_8438715764239761408_n.jpg
th_P8261348.jpg

Dive1 インペリアル
th_P8260108.jpg
th_P8260128.jpg
th_39980177_1884035671674625_9133469244543991808_n.jpg

Dive2 ジャンダルム
th_P8260130.jpg
th_P8260253.jpg
th_P8260318.jpg


Dive3 トライアングル
th_P8260327.jpg
th_P8260373.jpg
th_P8260141.jpg


また来いよ♫
th_P8261418.jpg

写真はゲストの皆さんにいただきました。

2018.08.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

夏の玄界灘満喫中!

溢れる太陽パワー!
夏真っ盛り。
最高の透明度と半端ない魚影。
これが玄界灘クオリティ!

*LOG

7.27 沖ノ島
屏風
インペリアル
トライアングル

7.28 沖ノ島
インペリアル
ジャンダルム
祇園

8.7−8.8 壱岐お泊まり
キューブロック
観音テラス
郷瀬
フィッシャーマンズボミー
フィッシャーマンズボミー
フォレスト

8.9沖ノ島
ジャンダルム
屏風

8.13沖ノ島
ジャンダルム
北の巨塔
サウスメイズ

8.16 小呂島
BOUZ ROCK
BOUZ ROCK
サウスメイズ

8.18 沖ノ島&小呂島
祇園
サウスメイズ

8.19 沖ノ島
トライアングル
インペリアル
屏風 北→南

写真はゲストの皆さんにいただきました!
ありがとうございます。

th__U0A3849.jpg
th__U0A3855.jpg
th__U0A3863.jpg
th__U0A3877.jpg
th__U0A3984.jpg
th_DSC_3243.jpg
th_DSC_3330.jpg
th_DSC08252.jpg
th_IMG_9809.jpg
th_IMG_9913.jpg
th_P1250419.jpg
th_P7280889.jpg
th_P8180084 2
th_P8180115.jpg
th_P8180131.jpg
th_P8191252.jpg
th_P8190102.jpg
th_P8190074.jpg
th_P8190044.jpg



2018.08.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

壱岐お泊りツアー♫

船の上で瓦そば!
th_37728703_1741537989258712_1083510598265733120_n.jpg
(壱岐お泊まりだけのスペシャルサービス)

釣った魚はお刺身で
th_37777226_1741535579258953_6827139022830174208_n.jpg
th_37868266_1741535479258963_5868508601605160960_n.jpg

絶品お寿司にハッピー恵比寿!
th_37741208_1741536635925514_1485464248057331712_n.jpg
th_37821869_1741536899258821_4341750424840175616_n.jpg

誰も潜ったことのない海域でアドベンチャーダイブ!
th_37706924_1741535269258984_1435010588626386944_n.jpg

見たことのない地形や海を覆う魚群。
th_37736694_1741534675925710_731157498551074816_n.jpg
th_37815082_1741537362592108_7540276771342516224_n.jpg
th_37815087_1741534099259101_7452102544454582272_n.jpg
th_37740303_1741534445925733_6804317898786471936_n.jpg
th_37731932_1741535039259007_7829462313861120000_n.jpg
th_37716448_1741534465925731_7486073412188635136_n.jpg
th_37793881_1741534155925762_3895312312705220608_n.jpg

7月23ー24日
Dive1 二神島コーストガード
Dive2 壱岐フィッシャーマンズボミー
Dive3 壱岐 マル秘(NEW!)
Dive4 沖ノ島 ジャンダルム(NEW!)
Dive5 沖ノ島 インペリアル

そして絶景。
th_37844468_1741536265925551_2002961829600428032_n.jpg

福岡からこんなに近いけど、(STINGRAYで1時間)
こんなにワンダーランドな島、壱岐。
一粒で何度も美味しいツアーです。

年内空席は
8月7−8日、9月18−19日、11月17−18に若干あります。
天気良ければ沖ノ島まで遠征も可能です(+5000円)

<1泊2日5ダイブ!!壱岐島Discovery Cruise!>

福岡空港、博多駅ほかお迎え可能!(9:30頃)
SUNS糸島ベース 10時半集合
11時ごろ唐泊出港、2ダイブして壱岐の島入港
壱岐の島ホテル宿泊で夜は絶品お寿司屋さんをご紹介!!

2日目
午前中壱岐の島周辺で3ダイブ
唐泊入港17時予定
福岡市内宿泊の方は博多グルメのご案内も♪

*料金
1泊3食(昼2朝1) 5ダイブ込みで 70,000円 (税込)
(沖ノ島も行く場合は+5000円)

*参加条件
目安として50ダイブ以上、フリー潜降浮上&中性浮力、ドリフト経験ある方

2018.07.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

圧巻!魚塊!小呂島。

魚群、地形、ソフトコーラルの群生。
この3つが玄界灘の魅力で、3つのうち全て、もしくは2つ以上抜きん出ている場所がポイントとして設定されています。

しかしまあ、ここまで抜きん出ている魚群、というか魚塊に出会えれば、もうそれだけでオッケーですよね🎵
写真はフジヒロさん&リサさんに頂きました。
ありがとうございます!!

th_36823203_1560131630765080_1913013334542647296_n.jpg
th_36967591_1560131580765085_42580623600123904_n.jpg
th_36979493_2028808347194101_5157049201758044160_n.jpg
th_36996383_2028808533860749_5150086686109073408_n.jpg
th_37000392_2028808210527448_3019272729602818048_n.jpg
th_37002183_2028806430527626_8538369983443369984_n.jpg
th_37061135_1560131574098419_6632463737443844096_n.jpg
th_36923481_1560131620765081_6662605242401554432_n.jpg
th_37010214_1560131670765076_4464533712947642368_n.jpg


小呂島
DIVE1 BOUZロック
DIVE2 〃
DIVE3 サウスメイズ

th_37057286_2028807893860813_7200488675761717248_n.jpg

2018.07.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

玄界灘夏シーズン開幕!

th_36713737_1713364958742682_8006592855411785728_n.jpg

いよいよocean+αで連載スタートです。
写真家、越智隆治さんが切り取る、玄界灘の海中風景。

さて、梅雨明け一発目は平日のんびり沖ノ島。
th_36852930_1746608518750918_5319176142643527680_n.jpg
関東からお越しのダイバーと地元ダイバーと、少人数まったりダイブでした。

DIVE1 インペリアル
th_36966822_1558867044224872_7870437684844429312_n.jpg
th_36957917_1558696594241917_7641981468062777344_n.jpg
th_37004064_1558696767575233_4947957532225175552_n.jpg

DIVE2 トライアングル
th_37051014_1558696754241901_3701063826809028608_n.jpg
th_36954179_1563946270377800_8016647378146689024_n.jpg
th_36914107_1558696834241893_1172833119019991040_n.jpg

DIVE3 祇園
th_36957894_1558696610908582_6949646385058676736_n.jpg
th_36915676_1563946263711134_6121932902092505088_n.jpg

玄界灘の極彩色!
相変わらず素晴らしいです。

水温22度、透明度15mでした🎵

2018.07.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

越智さん、よーこそ福岡の海へ!2 \(^o^)/

th_36587324_1709147402497771_8702481804809994240_n.jpg

「勝負だ!」
なんて意気込んで臨んだ越智さんとの1週間。
終わってみれば圧倒的な越智ワールドに引き込まれっぱなしの1週間でしたが
(もちろんそんなことはハナからわかってたけど)、
共に玄界灘の海を開拓してきた仲間達に「なんだ、俺たちの海はこんなもんじゃないだろ!」って思われないように、
そして「ほら、どうや、俺たちの海すげ〜だろ!」って全国のダイバーに胸張れるように、先駆者のプライドを持って臨んだ取材でした。
th_IMG_6364.jpg

手探りの初日、越智ワールド全開の2日目、糸島まったりの3日目、そして水中で阿吽の呼吸が生まれた4日目。
そこにいたのは「この半端ない海の魅力を一枚の写真で表現しよう」とする2人でした。
何も会話できない水中で、同じ閃きを感じた瞬間、こんなに楽しい瞬間はそうそうない。
th_P7050406.jpg

僕らの想像を超える一撃を見舞ってくれた越智さんに感謝です。
th_IMG_6458_20180707000108b80.jpg
th_IMG_6436_201807070001077c1.jpg


ありがとうございました。
そして一緒にポイント開拓頑張ってきたみんな、
「俺たちの玄界灘、やっぱ半端なかったぜ!!」

2018.07.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

越智さん、よーこそ福岡の海へ!\(^o^)/

th_36452947_1705789852833526_2013096023978672128_n.jpg

水中写真家、越智隆治さんのDiscovery Cruiseウィークスタートです。
初日は沖ノ島!
透明度、魚影共に圧巻の海でした。

*越智隆治さんプロフィール
th_IMG_6298.jpg

越智隆治さん

越智さんの写真は、、、
別サイトでアップされます。
楽しみ楽しみ!

とうことで今日はつねちゃん&ひでさんの写真です。

Dive1 屏風
b1
b3.jpg
b4.jpg

Dive2 祇園
g3.jpg
g2
g1

Dive3 北の巨塔
n4.jpg
n3.jpg
n2.jpg
n1.jpg


透明度20〜30m、水温23度でした\(^o^)/

2018.07.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

敷島撮影隊

約1ヶ月ぶりの沖ノ島へ!
th_34258640_1668089669936878_8266122855637319680_n.jpg

水温は21度、透明度は10〜15mでした。
やや濁りぎみ、、、
しかし今回はカメラチームでシキシマハナダイの撮影隊です。
1本目、2本目はディープにじっくり、ラストはイサキウォール探してコーラル入りましたが魚探に映ってたのは目の前を覆い尽くすタカサゴの群れ、、、
そのまま祇園まで流して癒されて来ました\(^o^)/

写真はメンバーの皆様にいただきました。
シキシマハナダイ、、、難しいぜ〜

Dive1 インペリアル
Dive2 屏風
Dive3 コーラルファームから祇園へドリフト

th_IMG_7792.jpg
th_IMG_7784.jpg
th_DSC_1252.jpg
th_DSC_1205.jpg
th_DSC_1401.jpg
th_DSC_1446.jpg
th_P6020118.jpg
th_P6020135.jpg
th_P6020177.jpg

と、リッキー、200ダイブおめでとう!
th_DSC_1476.jpg


2018.06.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

沖ノ島2018開幕戦!

快晴べた凪に恵まれたGW前半戦のDiscovery Cruiseは玄界灘沖ノ島へ!

水温16〜17度、、、寒い!
けど色鮮やかな水中世界はさすが沖ノ島です。

*LOG
28日
DIVE1 トライアングル
トラ1
トラ2

DIVE2 インペリアル
イン2
イン1

DIVE3 コーラルファームコーラル
コーラル2

29日
DIVE1 小呂島サウスメイズ
サウス1
サウス2

DIVE2 インペリアル
ペリ2
ペリ1

DIVE3 祇園
祇園1
祇園

水温16〜17度、透明度は10〜15m。
春濁りですが水中は賑やかです(^ ^)


2018.04.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

心に目があるならば

この素晴らしい小呂島の海。

アカオビハナダイの群れも
雲霞の如きキビナゴの群れも
色鮮やかなキサンゴやソフトコーラルたちも

きっとはっきりと見えるだろう。


th_DSC_3503.jpg
th_DSC_3536.jpg
th_DSC_3668.jpg
th_DSC_3742.jpg

石田さん、、、


th_IMG_3821_20180311190153b41.jpg

「オートフォーカスかと思ったらいつの間にかマニュアルフォーカスになってた〜」



作動確認、しっかりお願いします(笑)


今日小呂島にて新たなポイントを。
その名もワイドロック。

美しいソフトコーラルとキサンゴに覆われたフォトジェニックワールド。

心の目で、感じてください。(笑)

th_29025743_1586036611475518_3952739375787917906_n.jpg

水温13度、透明度10〜15mでした(^ ^)

2018.03.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

ブルーベリー食って出直してこい(笑)

さて今年一発目の玄界灘Discovery Cruise!
意気込んで臨みましたがどうも昼から時化そうな予報。

とうことで遠出は諦めて近場(とは言っても船で40分)でまったりダイブ。

木村チームは合計年齢300歳弱、総ダイブ本数1万本超えの猛者たち。
th_P1080779.jpg

探すは過去に一度だけこの場所で目撃された「ピカチュウ」ことウデフリツノザヤウミウシ!

気合入ったカメラと熟練の観察力で楽勝!と思われたが、、、



しろ
th_P1010167.jpg
しろ
th_P1010169.jpg
しろ
th_P1010181.jpg

あお
th_P1080130.jpg

きいろ
th_P1080143.jpg



さらさ
th_P1010154.jpg



ふ、普通種オンパレードじゃ!!(笑)


そう、我々の問題は



「ローガン」



もう貝殻とウミウシの区別がつかないのである、、、



「若者たちよ、後は任せた!」




th_P1010168.jpg
th_P1010170_20180108183437421.jpg
th_P1010179.jpg

ウミウシが好きそうな餌はたくさんあるからまた気が向いたらやりましょう(笑)

PS.そうは言いつつ帰ってから写真見てたら色々映ってました♪
th_P1010178.jpg
th_P1080151.jpg
th_P1080374.jpg
th_P1080391.jpg
th_P1080283.jpg
玄界灘でじっくりマクロダイブ、たまにゃいいね!!

次はブルーベリーめっちゃ食ってから来るか、

th_26166230_1513724378706742_6032425606897161279_n.jpg

これ貼り付けて頑張ろう(笑)

2018.01.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

2017のナイスショット(^ ^)@玄界灘

ども。
th_14448799_1085233421555842_86005211273261574_n_201712311242006fb.jpg
ガイドのキムチです♪

今年はなかなかの大物ラッシュだった玄界灘。
th_PA011519_20171231124202ae3.jpg
th_インペ沖2のコピー
th_22046427_1430861896992991_324150001154839831_n_20171231124202447.jpg
サメポイントは来年も継続調査ですね〜
写真はないけどハンマーも出てますもんね。

さらにまるで人工的に切り出したとしか思えないような岩場も発見。
th_キューブのコピー
th_PC230312.jpg
th_IMG_1116.jpg
これも継続調査です。

新しいポイント調査、ガンガン入ってますが、そこがポイントとして定着するかどうかは玄界灘クオリティ、というのが僕の中であって、「巨岩」「魚群」「サンゴの群生」のいずれか、もしくは複数満たしていて、他のポイントと明らかに違う風景がある!というのが基準になります。

一言で言うと「塊」かな。

魚の塊
岩の塊
色の塊

圧倒的なスケールのある「塊」。

他にもドリフトでの入りやすさ、対応できる風向き、潮流の入り具合など色々あるんですが、今定期的に潜っている18箇所はいずれもこの基準を満たしているオリジナルポイントたちです。

さて今年もたくさんのフォトダイバーが遊びにきてくれました。
いただいたデータの中からいくつかご紹介します。

フレームに入りきらないくらいの「塊感」を感じていただければ、と思います♪


と言うことでまずは地形、岩の塊から。

th_屏風のコピー
玄界灘1のドロップオフ。
1枚岩盤の大迫力、屏風にて♪

th__9230386_2017123113005079f.jpg
インペリアルの祈りの階段付近。
荘厳な佇まいです。

th_観音のコピー
石切り場のような雰囲気。
キューブロックにて。

th__9230295.jpg
冒険の入り口!的なワクワク感。

続いて色の塊♪

th_インペ3のコピー
インペリアル、色のクレバス!
濃縮された色の塊って感じですね。

th_トライ1のコピー
定番のトライアングル。
ソフトコーラルの天井。

th_インペ7のコピー
インペリアルの壁面。
ここも色鮮やか!

th__9230383_20171231130420259.jpg
船長が打ち合わせ通り船を真上に持ってきてくれました。
ナイスショット!

th__9220259_20171231130414f38.jpg
ここはまだポイント化されてない新しい場所。
来年高速ドリフトポイントになる予定(^ ^)

最後は魚塊!

th_インペ9のコピー
th_P7280003.jpg
th_屏風3のコピー
th_祇園1のコピー
th__U0A1576_20171231131234ddf.jpg
th_DSC02046_20171231131236358.jpg
th_PA070303_20171231131238860.jpg
th_サウス1のコピー
th_サウス3
th_トライ2のコピー
th_屏風4のコピー

これぞ玄界灘!
コメント不要の大迫力です。(^ ^)

来年も皆様の力作、お待ちしてます♪
映像も、欲しいな〜〜

2017.12.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

2017年の「ディスカバ」第1位は!?

今日は朝から良い天気!
今年最後の玄界灘、間も無く出発です。
リポートお楽しみに。

といことで昨日のつづき。
2017年の「ディスカバ」、玄界灘の第1位は、、、

「屏風岩、覚醒!」

ですよね〜

やっぱこれだ。

th_屏風

昨年暮れに作ったDiscovery Cruiseマガジン、みなさんまだ持ってますか?
冊子で紹介しているポイントの一部に星マークがついてるの、気がついてました??

星は1つ、2つ、3つとありますがトカラ、玄界灘共に三つ星ポイントは一つづつしかありません。
これは別にポイントの優劣ではなく、
すでに定番としてとても人気があり、安定感もあるポイントに1つ、他では味わえないであろう体験ができる可能性のあるポイントに2つ、
そしてそのポイントが持ってるポテンシャルが一番底知れないと思うところに3つ星をつけました。
玄界灘はフィッシャーマンズと屏風ですごい迷ったんだけど、屏風を三つ星にしました。

しかしまあ、潜ったことある方もいる思うんですが、どうですか?
屏風。

確かに魚はずば抜けて多い、地形もずば抜けてすごい、だけどよく言えば濃密、悪く言えば単純なポイントだな~
と思ってました。

巨大なひとかたまりの根を潜るという感じなので後半ちょっと飽きるというか、移動も短いし変化にも乏しいし、潜って面白いけど三つ星ってほどか??
って正直僕も思ってました(笑)

しかし、夏の200ダイブ以上限定メンバーでの調査ダイブで見つけました!
屏風の北東にもう一つ巨大な岩盤を。

今まで点だったポイントにもう一つの点が生まれ、その二つを線で結ぶことでポイントに動きが生まれ、とてもドラマティックなポイントとして屏風は生まれ変わりました。

まずいつもの屏風岩からスタート。
深場のサクラダイやシキシマハナダイにうっとりしつつ、玄界灘一深く落ち込むドロップオフやチャネルの魚群を満喫し、そのまま水深をキープして中層を移動。

th_屏風4

まるで空を飛ぶような爽快感を味わいながら進んで行くと目の前に現れる巨大な岩盤!
そしてさらに驚くのがその岩盤を覆い隠すほどの魚群!
空から降ってくるような魚群を堪能しつつ、まるで遺跡のような形状の岩盤でクライマックスを迎えます。

th_屏風2
th__9220191のコピー

なんてドラマチックでしょ〜!!??

名実ともに屏風がエリアナンバー1のポイントとして覚醒した瞬間、これを今年の第一位にしようと思います(^ ^)


あ、忘れてた今年はサメ捜索も成功したんだった(笑)
でもこれは何度か成功してから初めてポイントと言えるようになるからもう少しお預けだな。
th_インペ沖2

ともう一つ、これは水中遺跡では?
的な場所も発見してるんですが、、、これも来年継続調査ということで!
th_キューブ


こんな発見があるから玄界灘Discovery Cruiseは楽しいのです。

来年も合言葉は「ディスカバ!」\(^o^)/

Discovery Cruise2018シーズン予約受付中です(^ ^)
http://sunslog.blog42.fc2.com/blog-category-28.html

2017.12.23 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

2017年のディスカバ!@玄界灘

ども!
魚使い
th_14222163_1016870265098595_1769437415633738610_n.jpg

キムチです。

THE ORIGIN

Discovery Cruiseの名前は伊達ではなく、
薩南、トカラ、玄界灘、ほぼ全てのポイントが木村のオリジナル!
長い年月をかけて発見を積み上げ、少しづつポイントを増やしてきた。

「ここ、潜ったら面白そうじゃね!」
ってとこに潜ってみたい!

ってのが僕のダイビングの初期衝動で

それは
駄菓子屋のくじで水中眼鏡をゲットして、人喰いライギョがいると恐れられていた沼に潜った少2のあの日
から変わらない僕の感覚。

「ディスカバ!」
SUNSオープン以来ずっと続いているこのブログのタイトルは
「ディスナビ」
ディスるではなくディスカバリーのディス。
ディスカバリーナビゲーター、略して「ディスナビ」(^ ^)

大人になった今も、トカラや玄界灘という誰も開拓していないダイビングフロンティアで、僕は皆さんとともに未知の海へ飛び込むのである(^ ^)

合言葉は「ディスカバ!」

ということで今年の「ディスカバ」ベスト3を発表!

まずは玄界灘編。

第3位は!!!

「起死回生の祇園」
th_祇園5

2日間連続で潜りにきてくれた京都のショップさん。
初日まずまずの立ち上がりも肝心の3本目、今まで一度も外したことのないイサキウォールが不発、、、
なんとなくモヤモヤして終了。
で2日目、壱岐、小呂島方面は透明度悪いということで再び沖ノ島へ。
1本目、イサキウォールはやはり霧散。
風も強く潜るエリアも限られてる。

さて、どうする、、、2本目は今まで入ったことのない岬の先端部分でドリフト。
そこそこ魚はいるしきれいなんだけどパンチに欠ける、、、
そう思いつつ最後流してる時目の前に現れた巨大な岩盤!!

僕は水中で叫んだ。

「なんじゃ〜こりゃ〜!」

トップ8mくらいだったのでみんなに少し待ってもらってブイ上げて浮上。
すぐに船長に
「ここGPSにポイントうって〜」
と合図。

3本目はもちろんこのポイントを探索。


「ソフトコーラル&魚どーん!」
「移動」
「ソフトコーラル&魚どーん!」

単純な3コードロックみたいなポイントだけど、単純のレベルがハイレベル!
永遠にセッションしてたい!
そんな気持ちいいグルーブのポイント。

まさに起死回生。
モヤっとしたライブだけど最後みなさん盛り上がって忘れられない!
そんな1日だった。

そして僕は、一緒に潜った京都ショップ、エリートさんにちなんでこのポイントを「祇園」と名付けた。

http://sunslog.blog42.fc2.com/blog-entry-2814.html

続いて第2位は、、、
「棚ぼたの発見」
th_サウス3

サウスメイズ、というポイントがある。
巨大なテトラが積み重なってまるで立体迷路のように入り組んでいることからの命名。
ソフトコーラルも素晴らしいし、魚影もめっちゃ濃い。

しかしまあ、人工物なんで、個人的にはメインポイントではなく風除けのポイント。
もしくはちょっとアクセントつけたい時の桂馬のような曲者ポイント的位置付けでたま〜に潜ってた。

さて、そんなサウスメイズに潜った4月の出来事。

この日はエンリッチの講習。
しかし、GWのクルーズを控えていたため、使えるエンリッチに限りあり、、、
で、2本目僕はノーマルタンクで入ることに。


1本目にほぼ講習は終わっていたので、2本目は息が上がらない、を実感してもらおうととにかく泳ごう!という話になり普段いかない沖の砂地をめっちゃ泳ぎまくった。。
水深は25−27m。
ノーマルタンクの僕は「ほら、こんなにNDLに差が!」なんてダイコン示して、少し上からついていくからナビ練習がてらいけるとこまで泳いで上に上がっておいで、なんて指示を出して上からついていくことに。

泳ぐ、、

泳ぐ、、、

おい!どこまでいくんや!!!

しかし泳ぐ泳ぐ、、、、

そう、一人はダイマス、一人は大ベテラン。

全然息が上がらないはエアーは減らないはで止まる気配なし(笑)

もう、そろそろ、こっちがやばいっす!

そう思い始めた頃

ふと、下の砂地に何やらもやっとした岩場とそこに群れる大量のピンクの魚が見えた。

「ん??」

一旦二人を止めて降りてみるとそこには今まで桜島以外では見たことがないくらいのアカオビハナダイの群れ!
何百???

しかも周りは真っ白い砂地。

アカオビハナダイの聖地桜島にもない沖縄の癒しポイントのような雰囲気でアカオビ!

見たことない光景にうっとりしつつ、、、

「あ、やべ、NDL!」

正気を取り戻した僕は後ろ髪引かれつつ浮上。


なんだ今のは!


ということで後日きっちり撮影隊結成して撮影してきました。
「アカオビ撮影隊」

もちろん、日常的にご案内もできます。
今やサウスメイズはテトラポットメインのちょっと雰囲気変えて〜的ポイントではなく、メインポイントの一つに!!
エンリッチチーム、お手柄だぜ!の発見でした。

さて、第一位!

あ、でも時間が!!!


続く!!(^ ^)

「Discovery Cruise 2018」予約受付中で〜す\(^o^)/

残りわずかの日程も。
お早めにご予約ください♪
「予約受付中!」


2017.12.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 玄界灘Discovery Log

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Diving Club SUNS
福岡市南区清水1-16-8
第二明永ビル1F
TEL/FAX 092-552-3080
http://www.sun-project.info/

Author:suns
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

ブログ内検索