憧れの生き物に遭うには。

ども、りか姉です。
昨日までトカラクルーズに行っていたBossキムチが戻って来ました。
イソマグロ、ローニンアジ、イルカなどなど話し出したら止まらない自慢話(笑
くやしーーーーー!!!!でもそんな私も硫黄島ダイビングには結構な感じで行っておりました。

A-B-C-D、公会堂。公会堂にはカメがいる♪(某キャプテン作)
「公会堂」とは硫黄島のダイブポイントのこと。
全体はすり鉢状に深く、壁をつたうとドロップオフのごとく切り立っているナイスなポイントです。
大好きなハゼ、ハナダイ、アカネウツボにウミウシ。そう言えばボロカサゴが出たのもここだったか。

ただひとつ残念なのは、、、水深が思ったよりも深い事なのです。(奥様は魔女風に♪)
公会堂は最大水深28m位、15-20mに大好き生き物が集中する場所である為、当然ダイコンとにらめっこしながら
のダイブ。浅場も楽しいのですが、深場の妖しい誘惑のある公会堂なのです。
その昔はエンリッチエアが普及していなくて、通常の圧縮空気で潜っていました。

19149064_477290272621808_8400060948840567345_n.jpg
クルーズ途中でイルカに遭遇!したらしい。。。羨ましい。

19149132_476050812745754_7739456662318629564_n.jpg
温泉が硫黄島の港で湧いている影響のこのカラー!!

SUNSに導入されたエンリッチ、最近はトカラ硫黄島クルーズへ持って行っています。
NDLがのびる!疲れにくい!という利点が。(※要、エンリッチ講習受講)
NDLを延ばしつつ、3本目も攻めちゃうって事なのです。細かな事は講習でね〜

19105596_475206732830162_1662780649594707689_n.jpg
グリーンのタンクはエンリッチ♪

最近はカメラ講習も受け、新たな武器(TGシリーズ最新版!)もゲット!フォトダイブもしたいものです。

SUNSで唯一行っているSP!エンリッチ講習実施しますよ〜
ご予約お待ちしております♪
¥18000タンク・講習+ツアー代金(玄海灘又は辰ノ口)

2017.06.19 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

連載「ダイビングって面白い?」

th_P8120005_20160329162504214.jpgth_11月 西村真由美 トカラ列島

~プロローグ&目次~
「ダイビングのどんなことが面白いんですか?」
こう質問されて、ダイバーであるあなたはどう答えるだろう??

きっと「色々ありすぎて一言じゃ言えないよ」だよね。
僕もそう。

だから「そんな色々を少しづつまとめてみようかな」って。
そう思って連載を始めます。

もし、あなたが誰かに
「ねえねえ、ダイビングって面白いの?」

って聞かれたら
「色々ありすぎて一言じゃ言えないけど、このブログ覗いてみたら?」
って答えればいい。(笑)

そんな連載になるといいな。

<目次♪>
#1 「冬でも潜るんですか?」
#2 「まず何から始めたらいいの?」
#3「何歳まではじめられるの?」
#4「どんな生きものにあえるの?Part1」
#5 どんな生き物に会えるの?Part2
#6 どんな生き物に会えるの?Part3
#7「無重力アドベンチャー」
#8 「無重力アドベンチャーその2」
#9「非日常の世界へ♪」
#10『非日常が日常に♪』
番外編 short cuts

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2016.03.29 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

Short Cuts 〜4月12日 長崎ダイブのログ的なもの〜

th_unnamed-4_20150413235234666.jpg
4月12日、5人のダイバーが長崎の海に潜ります。

ガイドが1名。ファンダイバーが4名。
4人のファンダイバーは皆、日常的に趣味としてダイビングを楽しみ、それぞれが何百というダイビング経験をもつベテランダイバーで、うち3人は水中カメラを持っています。

海に向かう車中、何気ない会話を楽しみながら、
ガイドは昨日潜ったデータや出会った幾つかの生物、当日の天気や潮汐、参加メンバーの嗜好やスキルを分析して今日のプラン、コースに頭を巡らせます。
いかに参加メンバー全員の要求を満たすようなガイドができるか?腕の見せ所です。
そしてもう一つ、彼には目的があります。
昨日見つけることができなかったミズタマウミウシ、何としても今日は発見したいのです。
「今日は少しルートを変えてみるかなー」
海が見えてテンションが上がる車内。
誰にも聞こえないように彼はつぶやきます。
th_10583969_672817479464107_258608783286537584_n.jpg


休暇を利用して関東からやってきた女性。
ガラパゴス、ボルネオ、パラオ、メキシコ、知床、、、
世界中いろんな所に出かけてダイビングを楽しんでいます。
昨日は宮崎で潜ったけど、海のコンディションかなり悪いから福岡にとんぼ返りして今日は長崎だって(笑)
ずいぶん激しい移動をするショップだなー、なんて思いながらも、こういうノリも嫌いではありません。
「宮崎でピカチュウウミウシには会えなかったけど、同じ仲間のミズタマウミウシに長崎で会えたらから今日は満足だわ」
彼女はカメラのスイッチを切って次のダイビングトリップに想いを馳せます。
th_unnamed-2_20150414003527509.jpg


海の生物が好きな女性。
美しい色彩、不思議な造形。
ガイドの紹介する生物よりも自分でいろんな生物を探してとことん撮影したい、そう思っています。
そんな彼女の嗜好に合わせてゆっくり時間をかけて移動してくれるガイド。
それでも夢中になりすぎて時々バディやガイドを見失いそうになりながら、自分の世界に没頭する1時間。
今日見つけたのは美しいクラゲやウミウシ。
「もうこのまま置いて行かれてもいいかも、、、」
夢中でシャッターを切りながら彼女はそう思います。
th_unnamed_20150414005048bde.jpg
th_unnamed-3_201504140055587aa.jpg

一眼レフカメラに広角レンズ。
透明度いいって情報だったんで今日はワイド写真でいこう。
最近広角レンズを買ったばかりの男性は、長崎のカラフルなソフトコーラルや魚の群れを想像しながら作品イメージを頭に描きます。
「ダイバーを構図に入れて奥行き感だしたいんだけどなーーー」
彼は気まぐれに泳ぎ回るバディに向けて、潜る前に決めておいた「モデルになって〜」のサインを送ります。
th_unnamed-5_20150413235235322.jpg
th_unnamed-6_2015041323523708e.jpg


海の中は宇宙空間と一緒だ!
はじめて潜った時にそう感じて以来、彼は常に中層から全体を俯瞰するダイビングが大好きです。
自在に浮力をコントロールする技術をとことん追求して3Dの世界を自在に動くことができるようになりました。
ふわふわ中層を漂いつつも、実は彼には大物との遭遇というもう一つ目的があります。
「この流れ、小魚のこの動き、、、何か、来る。」
キビナゴの壁の向こう、見えない彼方に目を凝らしながら、彼はニュータイプとして覚醒することを夢見ています。
th_th_P4120015.jpg


4月12日、5人のダイバーが長崎の海を潜りました。
1本のダイブ、5人のストーリー。
ダイビングって面白いなーーー
th_unnamed-8_20150414011201c17.jpg

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2015.04.14 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊ダイビングって面白い!?#10 『非日常が日常に♪』

Discover10『非日常が日常に♪』

M0011831_20120502122332.jpg
僕は、と言うかSUNSは「ダイビングは趣味」だと考えている。

旅先で、一生に一回潜るのもダイビング。
年に一度のリゾートで楽しむのもダイビング。
それぞれのスタンスでダイビングと言う素晴らしいスポーツを楽しんで貰いたいし、世界中で楽しめるシステムはすでに存在している。

でも、僕らが目指すのは
ダイビングを趣味として日常的に楽しんでもらう場所づくり。

海の中への冒険、と言う究極の非日常体験を日常的に繰り返すこと。
休みがあればいつでも海に出かけてダイビングを楽しむ。
次の海の予定を励みに毎日仕事を頑張る。
趣味と言うのは日常に活力を与えてくれるものだと思う。
そしてもっともっと深くその世界を味わい尽くしたい、そう思えるもの。
なんたって「趣味=趣を味わう」って書くくらいだからね。

僕らが日常的に提供できる非日常の世界は糸島にある。
_MG_0148_20120502122259.jpg
美しい海に
IMG_4257_20120502122333.jpg
ボートを繰り出すと言う非日常。

ココには
_MG_0124.jpg
水中世界と言う非日常があり、

_MG_0126_20120502122300.jpg
無人の浜に上陸して
GOPR5143.jpg
過ごす時間と言う非日常がある。

日常から解放されて
178.jpg
IMG_3740.jpg
同じ趣味を持つ仲間と遊ぶ時間は何物にも替え難いだろう?

日常を非日常に変えてくれる遊び。
それがダイビング。



僕はそんな非日常な毎日を過ごしたいし、SUNSに集まる仲間にもそんな時間を過ごしてほしいと思ってる。
#11short cuts

好評連載中!!
週刊「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓

「ダイビングって面白い?」バックナンバー

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.05.02 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊『ダイビングって面白い!?』#9 非日常の世界へ♪

Discover9『非日常の世界へ♪』


M0022509_20120418112046.jpg
旅の楽しみって何だろう?

知らない場所に出かけて
知らない景色を観て
知らない人にあって
知らない空気を吸って
知らないもん食って
知らないお酒飲んで
知らない事して、、、

一言で言うなら「非日常」だろうか?
ダイビングを始めると水中と言う非日常世界に日常的に入るようになる。

そしてあなたはもっと色んなダイビングポイントで潜りたくなり、きっとどこかへ旅に出る事になる。

ダイビングと言う非日常を楽しむスポーツ+非日常世界への旅。
なんだかワクワクする組み合わせじゃないか?

IMG_0763.jpg
例えばエキサイティングなダイビングを楽しんだ後に、こんな絶景露天風呂でビールを飲む、、、
なんてどうだろう?
(薩摩硫黄島にて)

418779_232730240143198_100002186706781_521613_854174049_n_20120418112006.jpg
例えばエキサイティングなダイビングを楽しんだ後に、真っ白なビーチでパーティ、なんてどうだろう?
(モルディブアリ環礁ダイブクルーズにて)

例えばエキサイティングなダイビングを楽しんだ後に
IMAG0385 のコピー
絶景ポイントへ出かけたり(西表島)

P2011_0923_161126_20120418112110.jpg
釣りを楽しんだり(トカラ列島)

M0013365_20120418112048.jpg
野球をしたり(座間味島)

M0018244.jpg
ビーチバーで酔っぱらったり(ボルネオ)

P1050418_20120418112109.jpg
縄文じいいさんに会いに行ったり(屋久島)

IMG_5474_20120418112049.jpg
美しい夜明けに出会えたり(トカラ口之島)

M0031536_20120418112111.jpg
異国の地で新年を迎えたり(バリ島)

IMAG0145_20120418112005.jpg
クルーザーの上でサンセットバーベキューしたり

IMAG0222.jpg
現地新聞の一面TOPを飾ったり(マーシャル諸島)

した日には、、、

一生もんの思い出ですね。

僕は1年のうち250日位海で潜って100日くらいはどこか福岡以外の場所に出かけてます。
そんな生活をかれこれ15年ほど。

でも、まだまだいつだって海に潜ってたいし、行きたい場所は山ほどあるんだな。

一生かかっても尽きる事のない楽しみ…それがダイビング×旅の世界だね。

#10 非日常を日常に

「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓
「ダイビングって面白い?」バックナンバー

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.04.18 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

『週刊 ダイビングって面白い!?』#8 無重力アドベンチャー2

Discover8『無重力アドベンチャーその2』

DSCN1155 のコピー

ダイバーしか知らない感覚がある。
と言う事を先週書いたんだけども。
中性浮力という無重力に近いこの感覚、なかなか口で説明するのが難しい。

さらに話をややこしくして申し訳ないんだけど、この中性浮力と言う感覚、誰にでもすぐに味わえるわけではなくて(もちろん、少しわかる、という程度なら水に入った瞬間から感じるんだけど)、完璧に自分の体の浮力をコントロール出来るようになるには、かなりの経験とトレーニングが必要だ。

ダイビングした事無い方にはちんぷんかんぷんかもしれないが、さらに話を続けると、
ダイバーは呼吸による肺の体積変化や、BCという道具に吸気したり排気したりすることによる体積の変化を上手く利用して水中で浮力をコントロールしている。
水深が変わると周りの圧力も変化するので常に繊細なコントロールが求められ、、、、

やめましょうね(笑)

えっと動画、紹介します。(音出ますからご注意くださいね)

ひとつ目は浮力コントロールトレーニングの模範演技と生徒たち。

陸上では絶対再現できない不思議な動きでしょ??

ふたつ目は3人(インストラクター、ベテランダイバー、ビギナーダイバー)揃って空中浮遊ノ術。

まるで超能力者ですね♪

どうですか?
最後はきもちいい水中映像。



少しはダイビングの無重力感覚、伝わったかな~。
でも多分、あなたの想像を軽く超える世界なんだな。

#9非日常の世界へ

「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓
「ダイビングって面白い?」バックナンバー

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.04.11 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊『ダイビングっておもしろい!?』#7

Discover7『無重力アドベンチャー』

ダイバーしか知らない感覚がある。
中性浮力という無重力に近い感覚。

行った事ないけど、多分宇宙飛行士が体感する無重力に近いかもしれない。
(実際、宇宙飛行士の船外活動の訓練は水中で行われる)

ふわふわと空を飛んでいるような感覚。
体重や重力から解放されてただふわっと浮いてる感覚。

言葉で説明するのは難しいけど、一度この3D世界の無重力感覚を味わったら、きっとダイビングの虜になるだろう。

例えば、、、
M0011898.jpg
(沖縄座間味島)
美しい砂紋に光が射す光景。
この光景を見るだけでも十分ダイビングの楽しみなんだけど、この光射す砂紋の上を飛べるとしたら、、、
_MG_4111.jpg
(鹿児島喜界島)
どんなに気持ちいいか想像がつくだろうか?

永遠に続く水面を見上げながら3Dの世界に入っていく感覚。
IMAG0104.jpg
(鹿児島硫黄島)
想像がつくだろうか?

目もくらむような断崖絶壁の横でふわっと浮いてる感覚や
M0016571_20120327222919.jpg
(鹿児島硫黄島)

一面を覆い尽くす珊瑚のお花畑の上をふわふわ飛ぶ感覚や
M0024483_20120327222940.jpg
(長崎福江島)

魚たちと同じ目線で泳ぐ感覚を
P1060919.jpg
(長崎辰ノ口)

あなたは想像できるだろうか??

でも多分、あなたの想像を軽く超える世界だ。

#8無重力アドベンチャー2

「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓
「ダイビングって面白い?」バックナンバー

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.03.28 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊『ダイビングっておもしろい!?』#6

Discover6『どんな生きものに会えるの?Part3』

という事でシリーズ3回目は本日のログ。
実際に今日海で観察してきた生物の写真の一部です。

ポイントは糸島。
SUNSのオリジナルボートダイブポイントです。
418518_267635563315636_100002075842929_619693_847225486_n.jpg

「本日のログ 3月14日 糸島ボートダイブで出会った生き物たち」

*観察した主な生物
まずは何と言ってもこの時期のアイドル!
th_12472415_959718257440693_3132025018710281731_n.jpg
幼魚は天使の輪っか模様が目印。
可愛いですね〜

_MG_0082.jpg
_MG_0087_20120314185802.jpg
続いて糸島のアイドル、タツノオトシゴ。
今日はオレンジと茶色恐竜っぽい子の2匹発見。
今年に入ってから毎回1個体は見つけてます。

そして、冬といえば海の宝石ウミウシ。
_MG_0036.jpg
定番サクラミノ。
_MG_0025_20120314185804.jpg
これまた定番アカエラミノ。

ちょい珍しいカスミミノと
_MG_0047.jpg
サガミミノも発見♪
_MG_0042.jpg

まだ水温低いのでお魚は少なめですがウミウシは1ダイブ100個体くらいは軽く見つかると思います...
海草もずいぶん茂ってきて春ぽい雰囲気になってきました...
th_12038366_1048256308579817_5429739180679811052_n.jpg

写真はこの日参加したダイバーが撮影したものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな風に「ダイバーは毎回ダイビングの記録をつける」って知ってました?

例えばどんな事を記録するかというと、、、
ポイント名=ダイビングポイントにはそれぞれ名前がついているんです。
      有名なところでは石垣のマンタスクランブル、やパラオのブルーコーナー、とか。
      もちろん九州の各エリアにもいろんなポイントがあります。

データ=天気、透明度(どのくらいみわたせるか?)、水温や潮流、空気の使用量など。
観察した生物や、印象に残った事や、一緒に潜ったメンバーや、中には写真やシール、イラストを書き込む人も。

まあ、要するにダイビング日記、日報?みたいなものです。
ダイバーは記録をつける事を、ログをつける、通称「ログ付け」と呼びます。

登山や釣りでもやってる方はいるのかな??

ほとんどのダイバーはログをつける事によって自分の経験本数(何回潜ったか)を知ってます。
50回目や100回目などキリ番でお祝いしたりするんですよ。

ダイビングの後の楽しひととき、それがログ付けです。
なのでショップの雰囲気を知りたければ夕方、海から帰ってきた時間帯に訪れてみるといいですよ。

ダイビング始めよう、ショップを探そう、という方は覚えておくとよいかも??

ちなみにブログもショップの雰囲気でますよ~♪
じっくりみると個性があって面白いかもです。
参考までに。
SUNSのブログもぜひチェックしてくださいね。
SUNSのブログ

#7無重力アドベンチャー1

「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓
「ダイビングって面白い?」バックナンバー

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.03.14 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊『ダイビングって面白い!?』#5

Discover5『どんな生きものに会えるの?Part2』

「1時間のダイブで(通常1本のタンクで40-60分くらい水中にいる)いったいどのくらいの生物を観察できるんだろう??」
と思って一度数えた事がある。

10?50?100?

答えは判らなかった(笑)
だってあっという間に100種類越えてもうキリが無いんだもん。

山や森とは比べ物にならないくらいのバリエーション。
そしてそれは遠い遠い未知の海の話ではなく、すぐそこ、目の前の海の話だ。

例えば九州の海、そうだな車で行ける範囲でも…

色鮮やかな魚達や、、、
M0023076_20120305141746.jpg繁殖期の美しい♂。アカオビハナダイ。
img038.jpg
チェック模様がおしゃれなクダゴンベ。
yamamoto (4)
まさに造形美!ニシキフウライウオ。
img094.jpg
黄色いサイコロ?ミナミハコフグの子供。。

かくれんぼの名手や
img044.jpg
ちいさなちいさなピグミーシーホース。
img099.jpg
これもわかるかな?トゲトサカ(サンゴ)に擬態したイソコンペイトウガニ。
img095.jpg
海綿の裏に隠れていたピンクスクワットロブスタ-。

へんてこな生き物や
M0021189.jpg
まるで足があるみたいなカエルアンコウ。
img107.jpg
ネジネジ模様。ヒレナガネジリンボウ。
img102.jpg
通称ロボコン!
IROKO1.jpg
交接中のゾウゲイロウミウシ。

水中に美しく咲く花
IMG_0098_20120305141750.jpg
ケヤリ。これなんとゴカイの仲間。
ウミイチゴ
ソフトコーラルの接写。ポリプがお花みたい。

などなど…
キレイ、可愛い、ブサイク、おもろい、不思議、怖い、ヘンテコリン、不気味、、、なんでもあり。

ちょっと出かけて器材をしょって、海の中へ入ってみる。
そしたらあなたはきっと目の前に広がる不思議な空間、そして生物達の美しいデザインにきっと心を奪われるだろう。

百花繚乱リアルディスカバーチャンネルな1時間の繰り返し。
これもダイビングの面白さだと思うなぁ。

#6どんな生き物に会えるの?3

「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓
「ダイビングって面白い?」バックナンバー


4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.03.07 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊『ダイビングって面白い!?』#4

Discover4『どんな生きものに会えるの?Part1』

海の中には、
(多分潜った事無い方は想像できないくらい)多様で、密度の濃い生態系があります。
ダイビングの魅力の一つに「多様な生物達との出会い♪」を挙げるダイバーはとても多いでしょう。

ちょっと広くみれば↓
M0014307.jpg
ダイバーを囲むものすごい数の生物達。

少し視点をマクロ(接写)にすれば↓
M0014116.jpg
小さいけれどこんなにカラフルな世界。

切り取られた1枚の写真の中ですが、どちらも片手じゃ足りない数の生物を発見できるでしょう。

大きい生物でしたら例えば
GOPR3362.jpg
アオウミガメなんか、わりかしポピュラーに会える人気者。

これはメガネモチノウオ。通称ナポレオンフィッシュ。
M0012376.jpg
南の方の海で出会う事が出来ます。

更に大きいのですと、
ワイド大賞
オニイトマキエイ。通称マンタですね。

IMG_3366.jpg
大きいのになると5m位。

さらにダイバー憧れの生物、と言えば、、、↓
SANY0185.jpg
そう、ジンベイザメ。
7-8mクラスで標準サイズ。

SANY0187.jpg
「これに逢えたらダイビングやめてもいい!!」
って言うダイバー多いですが、実際出会っても誰もやめませんよね。(笑)

こういう大きな生物は当然ダイビング界でも人気者。
出会えればラッキー!という感覚で遠く海外の海まで遠征することもしばしば。

一方小さい生物はというと、

M0022030_20120229182555.jpg
例えばこの子はミジンベニハゼ。
水中に落ちていた空きビンを自宅に。
飲み口の大きさでなんとなく想像つくかなぁ??

M0021328.jpg
これ、どうですか?
サンゴの枝の間に住んでいるアカホシサンゴガニ。
赤の水玉、おしゃれですね。

もっと小さいのになると、、、
IMG_1779_20120229182526.jpg
わかりますか?
これミズクラゲの上に着いてたのみつけたんですけど…
IMG_177922.jpg
2mmくらいですかね(笑)
もう肉眼ギリギリの世界ですね。

出会った時の衝撃、アドレナリン全開の大物達との出会い。
発見した時の驚きや感動!の小さな生物との出会い。

どちらもダイビングの魅力!!なんだな~。

#5 どんな生き物に出会えるの2

「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓
「ダイビングって面白い?」バックナンバー

2012.02.29 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊『ダイビングって面白い?』#3

Discover3『何歳まではじめられますか?』

1222222.jpg
「ちょっと、キムチ、手伝って。よっこらしょ。」
おもむろに船べりに腰掛けた女性はそのままダイビング器材を身に付ける。
右手には水中カメラ。
そのままバックロールエントリー。(後ろ向きに背中から水に入るエントリー方法)
水中に入ると器材の重さからも重力からも解放される。
(水中では常に浮力をコントロールして浮きも沈みもしない中性浮力の状態で移動する)
そんな彼女は7●歳。
ダイブ本数は800本を越え、今でも海外やトカラ列島など秘境へ出かけては趣味の水中写真を楽しんでいる。

「やっとこれたな~。連れて来てくれてありがとな。」
いつかは行きたいと思い続けたパプアニューギニアの海。
ダイブクルーズ船
(船に寝泊まりしながら広範囲を移動しつつダイビングを楽しむスタイル)
のデッキから海を眺めつつ呟いた。
IMAG00413.jpg
そんな彼は6●歳。
ダイビングの後に飲む焼酎が何よりの楽しみ。

「ダイビングが大好きなんですよ。」
最高の笑顔と元気な声。
水中でも全身から楽しさを醸し出している。
IMG_4317.jpg
もう本当にダイビングが好きで好きで、、、
宮崎で出会った女性は8●歳。
休憩時間にチョコレートやかりんとうをみんなに配ってくれた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サンズに集まる老若男女。
下は21歳から上は7●歳まで幅広い年齢層が特徴。

実はサンズには一つルールがあって、
海に行くときは性別年齢社会的地位肩書きその他一切関係なし。
だからお互いニックネームで呼び合うこと。

先生!とか社長とか呼ばれたい方はどうぞ他のショップへ(笑)

いろんな年齢、仕事、人生を持つ仲間が集まって一つのことに熱中する。
一緒に旅に出て潜って食べて飲んで、たまに夜更かしして。
時に教え、時に教えられ。

大切なのはお互いのスタイルを尊重すること。
だからダイビング仲間と過ごす時間は、面白くてかけがえのないものなんだ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ライフワークといえる趣味と出会えた人生は幸せだと思う。

何故なら「趣味に取り組む姿勢」こそがライフスタイルを反映したものであり、
一生付き合える趣味を持つ、という事は一生興味の尽きない人生を送る、という事だから。

若さの秘訣は情熱と好奇心。

遅すぎると言う事は無い。
なぜなら「若さと年齢は無関係だから。」ピカソの言葉だ。

さ、次はあなたが一歩踏み出す番ですよ。

#4どんな生き物に出会えるの?1

「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓
「ダイビングって面白い?」バックナンバー

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.02.22 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊「ダイビングって面白い?」#2

Discover2『まず何から始めればいいの??』

pea_20120214220117.jpg

小さいころから川や沼に潜るのが好きだった。
駄菓子屋のクジで当たったよれよれの安物水中眼鏡。
最初は水の中を覗いてみたい、という単純な好奇心。
そのうち浮上していく感覚が病みつきになり飽きもせず潜っちゃ上がり潜っちゃ上がり…

大学生の頃観た映画「グランブルー」は久しぶりに僕を水中へと誘った。
本格的なスノーケリングセット(ダイビングマスク、スノーケル、フィン)を購入して毎日のように海へ。
スキンダイブ(巣潜り)でいかに深く、長く水中にいる事が出来るか?
ストイックに海で挑戦し続ける日々。

社会人になった僕は沖縄旅行でたまたま体験ダイビングと出会う。
「なんだ!!呼吸を我慢しなくても水中にいる事が出来るんやないか!!!」

そして僕は福岡に戻った翌日ダイビングショップの扉をたたく事になる。
「ダイビング、始めたいんですけど!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ダイビングやってみたい!
という方はたくさんいると思うし、理由やきっかけは様々だと思う。

でも実際に行動を起こして始める人は、、、
多分やってみたい!という人の1割にも満たないんじゃないか??

こんな素晴らしい世界を知らずに人生終えるなんて、、、もったいないな~♪
と思うけど、まあでもこれはダイビングに限ったことじゃないよね。

「う~ん、やってみたいけど、、、」
暇が、おカネが、時間が、、、いろんな理由があるんだろう。

「でもどうやって始めたらいいかわからない?」
という人が意外と多いんだって、うちのメンバーさんは言うんだ。
これは、敷居が高そうとか、いろいろコースやらなんやらめんどくさそうだ、とか、ショップって福岡にもあるの?とか、何処に行けばいいの?とかつまり我々業界の側にも問題があるんだろうけど…

だから、声を大にして言いたい。
『ダイビングをやってみる、なんてのは実に簡単です!!』

1日休みを取って体験ダイビングをやってみる。
これだけ。

1日休みを使うだけ。費用もそんなにかからない。準備するのは水着だけやし。
ほとんどのやってみたいけどやれない問題は解決するのではないだろうか?
つまりダイビングをやってみたい、経験してみたい!というニーズはこれで解決しちゃうって事。

そっから先、
趣味
(時間もお金も手間も面倒なこともかかるけど、趣を味わいつくす位熱中して取り組めるもの)
としてダイビングを続けるかどうか?とダイビングを経験してみるってのは全然別次元の話。

つまりダイビングを経験してみたい人も、ダイビングをしっかりはじめたい人も
「まず何からはじめるか?」
という答えは一緒で

①フィーリングが合いそうなダイビングショップを探す

福岡県のダイビングショップリスト
↑参考に
ウェブをしっかり見比べて(ブログや情報を頻繁に更新しているところがアクティブなショップ)必ず2件、できれば3件チョイス。
できれば足を運んで、若しくはメールを送って資料を送ってもらったり説明や対応を比べて1件選んでみる。

②体験プログラムに申し込む。

「ダイビングをはじめよう!」
↑SUNSの場合は

いきなりスクールやプログラムに申し込むのではなく、体験プログラムから、というのがとっても大事。
体験出来ればOKという方は別として、
「できれば趣味として始めたい」
という人は
ショップが自分に合うかどうか?
続けていけそうかどうか?
無理な勧誘はないか?
などちゃんと自分で判断して選ばないとネ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
確か1996年の3月だった思う。
幸いなことに職場の先輩に紹介してもらったショップは素晴らしいショップだった。
当時は全然知らなかったけど3月という水温が最も低い時期に始めたにもかかわらず、
講習で潜った福岡の海中のまるでナウシカの世界の様な海草の森に感動し、
鹿児島でボートダイビングやナイトダイビングを経験してますますのめり込み、
週末は毎週のように海に通い
長期休暇で連れてってもらったボルネオの海で魂を抜かれ
ダイビングを仕事にすれば毎日でも海に行けるじゃん♪
という単純な理由で1年後に仕事を辞めてそのままショップでお世話になり
色々教えてもらったり鍛えてもらったりして8年後に自分のショップを持ち、
そして現在に至る。
ダイビングに出会って20年、8000回以上潜ってもまだ尽きる事のないダイビングへの興味。
これまでもこれからもずっとダイビングを通じて発見や感動や出会いを繰り返していくんだろうな。

でももしあの時、ショップのドアをたたかなかったら…
人生、何がきっかけでがらっとかわるかわかんないんだな。

#3 何歳まで始められますか?

「ダイビングって面白い?」バックナンバーは↓
「ダイビングって面白い?」バックナンバー

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.02.15 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

週刊『ダイビングって面白い??』#1

Discover 1 『冬でも潜れるんですか?』

DSCN5352.jpg

どんよりと重い鉛色の雲を見ながら糸島へ車を走らせる冬の朝。
今津運動公園を越えると松林の向こうに広がる凪いだ(波が全くない様子)海。

この日を待っていた!(*脚注1)

Lady Windsurf(お友達のウィンドサーフィンのお店)を見ると冬だというのにSUP(スタンダップパドルボード)に興じる人達。

「うわ~!寒そうやね~。」
とつぶやく今日のバディ(ダイビングの相棒の事)。

…しばしの沈黙と爆笑。

「いや、絶対俺らの方が頭おかしいって思われてますって!
     あれは海の上、俺ら海の中ですよ。冬だというのに(笑)」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「冬でも潜れるんですか?」
「寒くないんですか?」

という質問はしばし僕らを混乱させる。
潜れるにきまってるし、寒いにきまってるからだ。

登山が趣味の人は冬も登るし
釣りが趣味の人は冬も釣りに行くし
サーフィンが趣味な人は冬も乗りに行くし
ショッピングが趣味の人は冬も買い物に行くのだ。

ダイバーも同じ。
僕らはいつでもどこでも潜りたいのだ。
そしていつでもどこでも潜る為にちゃんと防寒仕様のスーツ(脚*注2)もあるしそれなりの装備がある。

もちろん寒い。
けど寒いからってじっと家の中で過ごすほど人生に退屈してないんだ。

だって冬の楽しみは冬にしか味わえないんだから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

四季がある国、そして黒潮がある国。
ニッポンの海は他国に比べると圧倒的に面白いダイビングフィールドだ。
せっかくこんな美しい国に生まれたんだから、
そしてせっかく自然の美しさを体感できる趣味を持つんだから、
四季折々の表情を覗きに行かないなんて、、、もったいないね。

今日の目的は
DSCN5460.jpg
この時期宝石箱をひっくりかえしたかのように大発生する美しいウミウシ(脚注3)や

DSCN5420.jpg
寒さに耐える魚達の美しい表情を探すこと。

大の大人が2,3cmの海の宝石を見つけては夢中でシャッターを切る。

約60分の水中アドベンチャーを終えると指先はかじかんで全く動かなかったりする。
そんな状況を笑いながら、今日発見した不思議やキレイを語る船の上。

そして港の堤防にずらりと並んだ釣り人たちを見て

「冬に釣り!?寒くないとかいな~。」
ってつぶやくんだ。

*脚注1
近くてお手軽な福岡の海だが北風の多い冬は時化る(波が高い)ことが多い。
だから僕らはいつも風が吹いても時化ない長崎の海まで3時間近くかけて出かける事になる。

*脚注2
防寒スーツにも色々あるが通常は
P2012_0108_105012_20120206221413.jpg
服の上から着用する完全防水のドライスーツ(左の人と真ん中の3人)

とにかく分厚い生地(ゴム素材)の2枚重ねで物理的に防寒性能を上げたロクハンスーツ(右の人)
が主流。
多分レジャーダイビングではドライの方が圧倒的に多いけど筆者はロクハン派。
だってカッコいいだもん(笑)

*脚注3
水中にはこれでもかってくらい色んな種類のウミウシがいます。
様々な形、色、模様、大きさ、、、
不思議でキレイなデザインの発見。ダイバーに人気のある生物です。
ウミウシ書籍

ー続くー
#2まず何から始めたらいい?

4月9日−17日は毎日開催!(要予約)
「ダイビングスクール1日体験会¥3,000」
詳細は↓
ダイビングスクール1日体験会のご案内

詳細説明会、随時開催しています。
お問い合わせは
092-212-3080 / suns@sun-project.info

Facebookご利用の方はこちらからどうぞ
メッセージ

th_10859551_811835998855332_584227278_n_20160329011617208.jpg

2012.02.08 | Comments(0) | Trackback(0) | ダイビングって面白い??

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Diving Club SUNS
福岡市南区清水1-16-8
第二明永ビル1F
TEL/FAX 092-552-3080
http://www.sun-project.info/

Author:suns
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

ブログ内検索